不妊症 病院

不妊症、病院の選び方

不妊症,病院,検査,治療,避妊,カップル,口コミ,情報,インターネット

根気のいる検査や治療が必要な不妊症。
自分にあった病院はどのように選べばよいでしょうか。

 

不妊症で初めて受診するときはもちろんですが、現在受診している方も自分にあっているのかどうか、このままで妊娠できるのかどうかを考えて不安になる事が多いでしょう。

 

選ぶ際には、不妊症治療を専門に行っている所に注目しましょう。
産婦人科である場合は、不妊外来を置いているところがいいと言えます。

在籍している医師によっては、不妊を専門としておらず不得手である可能性があるからです。

 

知り合いや友人に不妊治療をしている人がいたならば、かかっている病院の情報を得ることが出来ます。
最近ではインターネットに口コミ情報や実際に不妊治療を受けている人のブログなどがありますから検索して調べるのもよいでしょう。

 

不妊を専門としている病院や医師がホームページを掲載している場合もありますからそのサイトを見てみるのも情報が得られます。

 

いずれにしても、ここなら任せられると感じるような病院を自分の目で確かめてみることが大切です。


不妊症で病院に行くタイミング

不妊症とは、避妊をしていない自然な状態で妊娠まで行かない状態、また2年以上妊娠までいかない状態のことを指します。
日本では、赤ちゃんを待ち望む夫婦やカップルのうち約1割が不妊症とされているようです。

 

不妊症の疑いを持ったなら、まず病院へ行って検査を受けることをお勧めします。
夫婦のうち、夫側に問題があるのか、または妻側に原因があるのか、もしくは双方が不妊であるかを知る必要があるからです。

 

最近は男女どちらの割合が不妊であるか、あまり差がないと言われています。
男性のみ、女性のみが不妊症の検査を受けてもはっきりとした原因が分かりかねるので2人で受診することが大切です。

 

いつ行けばいいのか、不安に思うでしょうが、基本的にはいつ受診しても大丈夫でしょう。
病院で1回診てもらえば終わりではなく、治療やその後の妊娠を含め短期間で済むものではありません。

どのタイミングで病院に行っても、その時に応じた検査や治療がありますから、まずは受診してみましょう。
心配な場合は、病院にあらかじめ尋ねてみてもよいでしょう。

不妊症治療